第21回潮岬オフショアトーナメント

潮岬オフショアトーナメント――。何年前から出ているのかは正確には覚えてないのですが、どうやらデジカメ写真のデータから判断したところ、9年前の大会ではシイラの部で準優勝の経験があるようです。でもこの2位になるのも結構大変でした。それまではカスリもしない結果続きだったもんで…。

junv

これがその時の写真ですね。宇井さん、上地さん、お変わりないですね(笑)。シイラの記録は確か107cm、5.65kg。「仲間とワイワイ参加でき、そして仲間の誰かが優勝できたらうれしいな」という思いで、ず~っと毎年参加していました。ちなみに我が師匠(?)であるエソワンレジェンドましゃんは第3回トーナメントのシイラの部覇者であります。その時の魚の魚拓がコレ。

siiragyotaku

しかし、その後、仲間の先輩アングラーが一人、またひとりと抜けていき、ついにはチャーターできる人数も集まらなくなり、数年間は参加することもできませんでした。乗り合いは嫌なんですよね。仲間みんなで勝ちたいという気持ちが強いので。

◇        ◇

さて、そんな僕のオフショアトーナメントですが、転機が訪れたのは4年前。僕たちが主催するエソワンGPへの参加者さんで、オフショアに興味がある人を中心に声を掛けたところ、なんと多くの人たちが参加を表明してくれました。それからは「チームエソワン」という名前を発案していただき、毎年2チームに分けて参加させていただいております。

オフショア経験者もいるのですが、ほとんどが素人同然の烏合の衆。当然のように釣果も鳴かず飛ばずで、入賞者を出すことはおろか、なぜかジャンケン大会も思うような成績を残すことができず、惨敗の日々でした。

【ひろの潮岬オフショアトーナメント、連戦連敗の足跡はコチラ】

第14回大会 

第15回大会 

第18回大会 

第19回大会 

第20回大会

ま、昨年大会では何とか他魚の部で4位入賞できたんですがね…。

◇        ◇

前置きが長くなりました!

ことしももちろん参加! 第21回潮岬オフショアトーナメント!

チームエソワンAチームは、僕、つなこ、たけぽんさん、佐伯さん、おキャン、よしたか君の6人。おキャンとよしたか君は今回初参加!

チームエソワンBチームはコウイチさん、トンさん、いかじ、リョースケさん、ツカピーの5人。本当はBチームも6人の参加を予定していたのですが、ことしのトーナメントは、実は悪天候により1週ずれての開催だったのです。したがって、本当は参加予定だったガイさんが出られなくなったのです。

gaisan

このガイさん、実に今回の出場を楽しみにしており、全員にハンドメイドのポッパー(通称ガイポップ)を作ってくれていたのです。その無念たるや計り知れず。大会前にガイさんから魂のポッパーを全員分預かりました。

「あなたの魂のルアー、しかと受け取りました!」(写真はそのイメージ)

gairyakudatu

◇        ◇

さて、大会実行委によると、延期が災いしてか、参加人数は約20人減ったということ。根ババ(根性ババ色の略語)と定評がある僕は、心の中で「ライバルが減った」とニンマリ。メンバーにガイポップを配り、その時に

「ガイさんの魂のルアーです。これでみんなで優勝を狙おう!」

と士気を高めました。

gaipop

ちなみに僕はエソワンAチームのメンバーなので、ここからはAチームの状況を中心に書かせていただきます。

エソワン Aチーム出航!

ateam

エソワンBチーム出航!

shukkou

ともに向かうはコメツブ周辺の下り潮! いざシイラ祭り開催へ~!!

!!。。。。

。。。。。。??

あれ? 潮、全然走ってませんね。。。

そう、潮岬直下はいわゆる下り潮という激流が走っており、ここはシイラをはじめとするフィッシュイーターが集結する激アツポイント。ところがこの日は潮がほとんど走ってなく、シイラを発見することができず。

2回ほど流したのですが、ルアーにチェイスすらありません。ちょっと焦りだしたのですが、そんな時、船の後方でビンタ(キハダの子)の大ナブラが発生!  その後すぐつなこが左舷11時の方向でも発生したナブラを発見!

つなこ「前! 前!」

つなこ「ビンタの大ナブラ! でも届かないかも…」

微妙な距離でしたが、とりあえず僕は自作のペンシル(ヒロペン)をフルキャスト! 何とかギリで届いた! 表層をファストリトリーブで攻めましたが食わず、なので冷静に少しだけカウントダウンして、スローに誘ってみると、、、

ゴツン!

ビンタヒット!

bintahiro

ひろ「よっしゃー!!」 

・・・

・・・・あれ?

全員「ひろさん、ガイポップ。。。つけてないやん!!」(心の叫び含む) 

bintapen

あれだけガイさんの魂やら何ちゃらいうてたクセに自分はペンシルとは何事ぞ。

冷たい視線を感じたりしたのですが、まぁこれには訳があります。

話はそれます。当たり前と言えば当たり前なのですが、我が「爆!釣り部」、これまでの釣行の一投目、例えば僕がミノーなら、つなこはワーム。僕がバイブレーションなら、つなこはミノーと、必ず違う種類のルアーで攻めているのです。

tunasea3

この写真も、つい先日のものなんですがね。僕はミノー、つなこはワーム。で、つなこだけがシーバスをゲットしたという。

いわゆるその日のパターンをつかむために、必ず違うルアーを使うことにしているのです。

 

話は少しそれましたが、今回も実は出航前、

ひろ「ガイポップ使うよね?」

つなこ「うん。使うよ」

という会話がありました。ポッパーはアピール力があるがスレも早いというデメリットもあります。つなこがポッパーなら、僕はペンシル。このいつもの2段構え作戦でビンタをゲットできたのです。ちなみにつなこのガイポップは何度かビンタのナブラに入ったのですが、この日のビンタはポッパーよりペンシルがお好きだったようです(言い訳終わり)。

で、実は一番したたかだったのが、たけぽんさん。こっそりとペンシルに付け替えて、ビンタを引きずり出してました。

kepobinta

あ、それとAチームで唯一、シイラも釣ってました(なお、シイラの写真はありません)。

と、朝イチはこんな感じで終了。その後シイラを探して和深方面に移動しましたが、鳥山もナブラもこれと言った潮目も漂流物もなく大苦戦。仕方がないので60mラインでジギングとタイラバ作戦に出ます。ま、去年はこれでマハタとアカハタが釣れたので、ことしもハタ類が来ないかなぁと巻き巻きしていると、

hiroakappo

アカハタ釣れました。

okyanakappo

おキャンもジギングでアカハタをゲット。でもAチームの見せ場はこれまで。最後のほうでよしたか君がジギングで何やら ええ感じの魚を掛けてましたが、無念のラインブレイク。正体はなんだったのでしょうか?? 悔しい結果と言えば悔しい結果に。特につなこはアカエソ1匹だけという辛い釣果でした。

tatakaiowaritunako

疲れ切って悔しそうな表情を浮かべるつなこ。しかし、この後この表情が一変する出来事が。。。

◇        ◇

途中、BチームのメンバーとはLINEなどでやりとりをしていたので、Bチームで2本、シイラが上がっているのは聞いていました。トンさんとリョースケさんです。

tonsiira

ryousukesan

で、よく分からないのですが、コウイチさんがホウキハタ(小)を釣っていたようです。

houkiiti

◇        ◇

そしてウェイイン、Bチームのクーラーには大きな雄のシイラが入ってるじゃないですか!

聞くと、どうやらトンさんのシイラだそうで、これは期待できそう。他のチームのクーラーを見てもシイラはほとんんど目に入らなかったので、

かなりドキドキしてきました!

その代わりと言ってはなんですが、ビンタはたくさん持ち込まれており、ちょっと僕の入賞は厳しそうな感じがしました。

◇        ◇

チームエソワン内から初めてのシイラの部優勝が出るのでは??

そんな期待を胸に秘め、向かった表彰式会場。まずはシイラの部からの発表からスタート。5位、4位と発表がありました。そして、まず、なんと!

3位にリョースケさんが入賞! 

ryousukesaninta

重さは3.5kgと2位の方と同じだったのですが規定により、長さで負けていたため、3位でした。

そして2位の発表後、

栄えある第21回潮岬オフショアトーナメント優勝は

やはり

トンさんが入賞!

tonsaninta

なんと2位に2.4kg差をつけてのダントツの栄冠! 

記録は5.9kg 101cm!

そしてそして何よりうれしいのが、リョースケさん、トンさんともに、ガイポップでの釣果だというのです!

※この報告を聞いたガイさんは、泣くほどうれしかったようで、その晩は飲み過ぎてぶっ倒れていたとか。

僕としても、ついに、ついに! ついに仲間内から優勝者が出てくれて、めっちゃうれしいのひと言! 苦節4年。いつも思い描いていた仲間で勝ち取る潮岬オフショアトーナメント。ようやく花開きました。感無量です。

チーム全体でトンさんの優勝の余韻に浸っている中、他魚の部の表彰が始まりました。

実行委員長の宇井さんの声が聞こえました。

「5位、キハダマグロ、62cm、3kg。●●さん(←ひろの本名)!」

ええ~! これは正直想定外でした。まさか入賞できたとは。。。

5ihiro

チームのみんなも喜んでくれて本当にうれしかったです。

その後、珍魚賞の2位にコウイチさんのホウキハタ!

ちなみに1位はチームは違えど、知人であるかずやんがマトウダイで見事ゲット! かずやんはメジロも釣っていたのですが、メジロでの優勝は無理とみて、あえてのマトウダイで珍魚狙い。これがズバッとはまったようです。

kazuyantokouiti

悔しくてかずやんをにらみ付けるコウイチさん。往生際悪いですよ。

◇        ◇

今年の大会もいよいよ大詰めに。

最後を飾る「じゃんけん大会」がスタート。ちなみに、チームエソワンは毎年2チーム出ているにも関わらず、じゃんけんで勝ち残ったことは、これまでほとんどありません。でも今年は、そんな暗いムードを吹き飛ばせる勢いを感じます。

まず第1戦! じゃんけんが弱い男どもが次々と戦死していく中、なんとつなこがどんどんと勝ち上がり、残るは3人に。そしてラスト3人での勝負、

じゃんけんぽん!

tunajanken

つなこ、激戦を制しましたww

この時のスーパーハイテンションは凄かったw こんな喜んだつなこは見たことないくらい喜んでましたね。跳びはねてましたし(笑)。ゲットしたのはロゴスの大型クーラーやらフィッシュグリップやら相当ええもん。確かにこれはテンションが上がります。

じゃんけん大会はその後も進み、相変わらずチームエソワンの男どもはすぐに負けてしまう戦いが続きました。そしてことしのオーラス。じゃんけん大会の最後の景品。どうやら高級ルアーの詰め合わせセットが賞品のようです。

ことしはここまでどのチームより盛り上がりをみせているチームエソワン。最後の景品もモノにして大勝利といきましょう!

てなわけで、本気でじゃんけんに挑んだものの、やはり一人、またひとりと負けていきました。

しかし、なんと、これまでほとんど1回戦か2回戦で敗退していた、おキャンが残っていました。

順調に勝ち残るおキャン。そしてついに最後の2人まで勝ち残りました!

ここで勝てばチームエソワン、大勝利! かたずを飲んで勝負の行方を見守ります。

その結果

okyanmake

IMG_6547

ま、現実は厳しかったです(笑)。でもサイコーのオチを決めてくれたおキャンに感謝です。

◇        ◇

いや~、しかしことしの大会は素晴らしいものになりました。ホンマに今年上半期で一番うれしかったんじゃないかな??

トンさん、ほんまおめでとう!

 

優勝インタビューでもガイさんに気を遣うあなたは、ホンマにええ人(ぶってる)です。

実行委員の皆様、こうして振り返ると、僕が知る限りでもだいぶ入れ替わりましたねw いつも楽しい大会を運営していただき、ありがとうございます。来年もチームエソワン旋風を巻き起こしたいと思いますので、よろしくお願いいたします!

ちなみにBチームの船上の様子は

コウイチさんのブログ

ツカピーのブログ

に詳しく書かれていますので、どうぞご覧ください。

で、こちらは影の主役、ガイさんのブログです。

ロックショアとハンドメイドな毎日

また来年もみんなで参加できたらうれしいですね。

shuugou

fin

 

「第21回潮岬オフショアトーナメント」への16件のフィードバック

    1. >つなこ トンさん、そんでリョースケさんも! ほんまよかったなぁ。。あ、じゃんけんおめでとう(*´∀`)

  1. 言い訳、長〜!(◎_◎;)
    益々極めてきました感満載ですよ(≧ω≦。)

    まぁ冗談はさておき今年もありがとうございました。

    本気アングラーが集結して本気出すのオフショアフィッシングをする大会で3部門に4人の入賞があったことは快挙だと思います。

    あと、ジャンケンも快挙でしたね(❁︎´ω`❁︎)

    また来年もチームとして二連覇したいですね♫

    1. >コウイチさん いつもコメントありがとうございます(❁︎´ω`❁︎)

      言い訳師、逃げ師、極み根ババ、、いろいろありがとうございます(❁︎´ω`❁︎)

      そうですね、装備だけみたら、うちら全然ですもんね。キャスティングロッドでジギングやったり(笑)。

      じゃんけん、つなこもおキャンもサイコーでした。来年、エソワンCチーム出せないかしら??

  2. お疲れ様でした♪
    何度も言いますが(笑)ホントにありがとうございます(❁︎´ω`❁︎)

    当日も悶々とした気持ちでいてましたが、皆さんの結果を聞いて気持ちが晴れました♪

    来年は何としても参加させて頂きたいと思ってますので、宜しくお願いします(❁︎´ω`❁︎)

    1. >ガイさん コメントありがとうございます(❁︎´ω`❁︎)

      いえいえ~。こちらこそいろいろお世話になりましたし、「この写真嫌なんですよね」って写真を使わせていただいたり感謝です。

      来年はガイポップ作者としてご自身で優勝ですね!

  3. お疲れ様でした(о´∀`о)

    そして入賞おめでとうございます(^ω^)

    感動的なシーンに立ち合う事ができて一生の思い出になると思います(*´∇`*)

    来年も参加させていただきますのでよろしくお願いしますm(__)m

    ありがとうございました(^ω^)

    1. >ツカピー コメントありがとう(*´∀`)

      おつかれさん、船頭さんとのやりとりなど、頑張ってたみたいやね。チーム内から優勝者が出たということは、チーム全員の優勝と考えてもええのでは。作戦勝ちやもん。

      来年、それまでにさらにオフショアスキル磨いておいてくださいね~。

    1. >青山野郎さん  そんなふうに考えていた時期が俺にもありました(笑)。

      てか、今回はトンさんでしょw

  4. オフショアトーナメントお疲れ様でした。ええ人の(完璧にぶってる)トンです。ww(。≖ิ‿≖ิ)
    あの日のチームエソワン、黒潮に乗って流れてきた運を全て拾い集めたかの如くノッテましたね。例年、表彰式ではあんなにしょんぼりしてたのに…ww 。チームエソワンの団結、そして素晴らしいガイポップの力が生んだ結果ですね。ひろさんにチームエソワンに誘ってもらってほんとに素晴らしい経験させてもらい感謝してます。ありがとうございます。m(_ _)m

    1. >どばーん 優勝おめでとうございます!!!!

      ほんまに、ほんまにうれしいっす! 一人だけポツンと入賞なら運だけかもしれませんが、これだけ釣果も出せるようになったのは4年間の蓄積でしょう! ジャンケンも運の蓄積ですわw そんでガイポップ! ガイさんは間違いなく影の主役ですね! 僕、結果出せてませんけどねww

      では来年は連覇ですね! チャンピオン、おめでとうございます!

  5. こんばんは。

    おつかれさま~
    なんかめっちや楽しそう!
    ひろペンよう飛ぶみたいで、ええ感じですね。

    1. >ひろーかさん こんばんは。

      楽しいですよ♪ 来年一緒にでませんか(笑)?

      そうだ! ハンドメイドといえば、ひろーかさん! ひろペンは飛距離を最重視しているからウルトラ後方重心なので、動きは悪いですが、、、ちょっといろいろ教えていただきたいです!

  6. めちゃ楽しそうですねー!!
    来年タイミング合えば僕も連れってください(*´艸`*)

    1. >kohtaさん いつもコメントありがとうございます( ´ ▽ ` )ノ

      コータさん、オフショアありですか?? ではぜひ行きましょう! たいがい、6月の第一日曜日なので今から予定空けといてください(笑)。 

コメントは停止中です。