潮岬オフショアトーナメント

 

年に一度の潮岬オフショアトーナメント。

 

昨年はまさかのノーフィッシュと終わったため、

 

ことしは気合十分……の予定でしたが、

 

 

さまざまな事情でタックルの準備もままならないまま本番に突入。

 

まず、このトーナメント、

 

シイラの部と他魚の部の2部門があります。

 

朝イチは、コメツブ周辺の下り潮の激流の中から、

 

樫野周辺でシイラを狙い、

 

その後他魚の部も狙うというのが

 

例年の王道パターンなのですが、

 

ことしは大ギャンブルの一発他魚の部で優勝狙い。

 

すさみ沖で20~50kgのキハダが回っており、

 

その一本勝負という作戦に出ました。

 

我がチームは、

 

過去にシイラの部で優勝経験のある師匠ましゃんを始め、

 

幾度かの入賞経験のあるU氏、

 

さらにマグロキラー西澤君、谷中君、大谷さんという強者たち。

 

ほんで、シイラの部準優勝経験のあるぼく。

 

だれか一匹くらいキハダをヒットさせるだろうと強気でした。

 

午前6時前、串本は有田漁港から出港した船団、

 

皆が潮岬に向かう中、

 

我々はすさみ沖に。

 

「真っ直ぐ沖に出るん、ワシらだけやで~」と

 

自分たちの無謀な賭けに船内大はしゃぎ。

 

海鳥たちでさえ、みんな岬に向いて飛んで行ってたのが、

 

また皮肉で笑えました。

 

ナブラを探しながら移動すること約1時間半。

 

ようやく大きな鳥山を発見。

 

全速力で近付き、射程圏内に入った途端、

 

海面が炸裂!

 

推定20~30kgのキハダが跳ね、全員がキャスト。

 

数発は入ったのだが、ヒットしませんでした。

 

その後も単発では出るものの、

 

大ナブラにはならずに、

 

鳥山の下でキャストを続けても

 

巨大キハダがヒットすることはありませんでした。

 

釣り終了は正午。

 

残り10時半くらいまでは、

 

キハダを狙ったものの、残念ながら撃沈。

 

しかしながら、全員が入賞への執念を持ち続け、

 

帰路につきながら、オーラスで役満狙い。

 

深場のジギングでハタ類かカンパチに期待しました。

 

そんな中、中層で僕に何かがヒット。

 

「なんじゃろな」と、巻き上げてきて、

 

海面から抜き上げようとしたところ、

 

ポチャンと落としてしまった。

 

背中が青かったので、サバかな?

 

と思いつつも唐草模様が見えなかったし、

 

濃い紺色だったのでソウダガツオの可能性も。

 

なんせ50cmにも満たない魚だったので、

 

別に気にも留めませんでしたが、

 

これが後で悔いることに。

 

その次も中層でアタリがあり、

 

これは結構ガツンと来たので、

 

「おおっ! カンパチか!?」と思ったものの、

 

そのままフッキングせず。

 

僕がそんなこんなでうだうだやってると、

 

西澤君と谷中君にダブルヒット。

 

西澤君はその後すぐに痛恨のラインブレイク。

 

谷中君はゴンゴンと頭を振りながら走る引きに

 

「でかい! カンパチか~」と意気揚々。

 

もしカンパチなら確実に10kgクラス。

 

一発逆転で他魚の部優勝も見えましたが、

 

その後の引きが鈍い。

 

全員が「まさか…」と嫌な予感。

 

神妙な面持ちで海面に釘付けに。

 

 

 

 

 

竿先にリーダーが入りました。

 

 

 

 

 

 

あと数メートル。

 

 

 

 

 

 

上がってきたのは…

 

 

 

 

 

 

201006061125000

 

やっぱりサメでした。

 

201006061124000

 

10kgは超えてますね。

 

なかなかでかい。

 

でも、大会レギュレーションでサメはダメなのですよ。

 

2700円もしたジグがサメの歯でボロボロ。

 

使い物にならなくなり、

 

谷中君はへこみまくりでしたが、

 

西澤君いわく「手元に帰ってきただけマシや」。

 

そらそうですね。

 

その後大谷さんがアヤメカサゴを1匹追加。

 

「珍魚賞」に一縷の望みをかけるも、

 

箸にも棒にも引っ掛からなかったようです。

 

ちなみに僕がソウダガツオ(?)を落として悔いたというのは、

 

他魚の部、優勝はなかなかのカンパチでしたが、

 

2位はソウダガツオ、2位はゴマサバ…。

 

これだと、十分に準優勝を狙えました。。。

 

潮岬オフショアトーナメントは、

 

ことしで15回を数える船でのルアー釣りの大会。

 

串本のラムサールの海が堪能できる大会。

 

実行委員は頑張ってますので、

 

来年はぜひとも参加を。

 

 

 

公式ホームページ

 

 

 

201006061133000

竿何本あるねん。気合十分の船上

LINEで送る
Pocket