グリリンでヒラスズキ

足早に過ぎていった台風15号。紀伊半島は東側で大雨が降ったものの、西側では大きな被害はなかった模様。しかし海は大荒れでヒラスズキ日和ですね。平日ゆえ、夜間釣行。足場のいい漁港内での釣りになります。

地元のメンバーは早々に釣果をたたきあげており、僕とつなこは夜遅く釣行に。1カ所目は雰囲気的にあまり好きではなかったので早々に切り上げ、2カ所目に。同じ日の早い時間にチーム日高の2人がゲットしたポイントです。残り物には福がある、そんな発想で。

現場に着くとまだまだうねりが湾奥まで届いており、いい感じ。ぼくもつなこも、ここでの実績ルアーであるラパラCD-9を選択。

ノーマルでなくアバシしかなかったので、それを使用しました。爆風だったので、まぁ使い勝手は良かったかもです。

2人、少し離れて探ります。開始から10分ほど、2人ともノーバイト。「残り物はなかったかな…」と諦めかけたところ、つなこが「来た!」と叫んでいます。慌てて駆け寄ったのですが、これはエラ洗い1発でバラシ。まだチャンスはありそうです。

「だいたいヒットするゾーンは読めた」というつなこ。その言葉の通り、その数投後にもう一度ヒット! これは完全にフッキングに成功したよう。何度もエラ洗いと突っ込みを繰り返すファイターでした。何度か浮かせたのですが、その度に鋭い突っ込みをみせ、慎重にやりとりしていたのですが、最後の突っ込みで痛恨のバラシ。目測ですが70cmは余裕で超していた良型でした。

「これも狙い通りのところヒットした」というつなこ。ちなみに僕はここまでノーバイトです。実は、つなこにできて僕にできない技がありまして、それは何かと言いますとデッドスローリトリーブ、いわゆる「遅巻き」です。「できるやん」と言われそうですが、どうも僕、釣れない時は、特にリーリングの速度が上がる傾向にあります。いわゆる「雑になる」というヤツです。

つなこの手元を注視します。やはり僕のリトリーブ速度より断然スロー。この速度にしか反応しないようです。しかし、うねりも風も徐々に収まってきて、状況は悪くなるばかり。

釣れない時は2パターンあると思います。魚のストック量が少ないか、もしくはストック量はあるものの、魚がスレッからしなのか。2匹目をバラして以降、2人ともノーバイトが続きました。

目に見えて、どんどんうねりは落ちてきます。「もう帰ろうか…」と諦めかけた時、海面が落ち着いて来るのに反比例して、常夜灯の下でヒラスズキのボイルが頻発するようになりました。見た感じ、イワシや小サバなどのベイトが追われている様子はありません。ストック量はわりと多そう。釣れない原因は、どうやら魚がスレているのか、ルアーのサイズが合っていないようです。

「ルアーのサイズを徐々に落としていこう」。2人がとった作戦はマッチザベイト。ルアー釣りの基本です。9cmミノーから7cmミノーへ。さらに5cmバイブなどにサイズダウンしていき、最後はライトタックルに持ち替えてソフトルアーにチェンジ。2人がかりでやると、さらにスレが進行しそうなので、ロッドは1本で挑みました。僕がキャストしている時、シーバス用のソフトルアーに2回チェイスがあり、そして1度アタリがありました。

ワームでの釣りはスローな釣り。実は先ほど述べたように、こうした釣りは、つなこの得意分野なのです。というわけで後はつなこに託しました。シーバス用のソフトルアーから、おなたまワームにチェンジ。1度アタリがあったようです。たまに見えるヒラスズキのライズ。いよいよこれ以上サイズは落とせない。マイクロベイトパターン最後の砦。グリリンを投入です!

メバル用のジグヘッドにグリリン(1.6inch)をセット。先ほどからヒットゾーンをつかんでいるつなこ、そのラインを応用し、数頭目、つなこのロッドのティップがいきなり弧を描きました。

最後の最後にヒラスズキがヒット! 

ライトタックルなので無理はできません。ドラグ性能をフルに使い、魚の引きに耐えます。「はやく弱ってくれ~」。ライトタックルでのやりとりは傍で見ていてもハラハラドキドキ。そして、ようやく浮いてきたので、ランディングに成功!

tsunahiratate

グリリンで良型ヒラスズキを確保です! 

フックが曲がってました。ちょっとやばかったかもw

こうした風の強い日、ラインスラックも大きく出ます。グリリンの水噛みの良さは、この悪条件には強いようで、しっかりとリトリーブできていました。

時間はもう丑三つ時。もちろん翌日は朝から仕事。最後にしっかりと釣ってくれたのでようやく帰ることができました。

 

【今回のレポート】ヒラスズキ×1尾(65cm)
実は先日、釣友のコウイチさんがグリリンを使い良型ヒラスズキをゲットしていました。こうしたヒントもあり、今回は最後の砦としてグリリンを投入。すぐに食ってきましたね。何か分からないものを食っている。すなわちマイクロベイトパターンに備え、漁港のヒラスズキ狙いには、タックルボックスにはグリリンをしのばせておくのが吉ですね。特に冬から春にかけてのシーズンは特にオススメです。掛けた後は神経戦になりますが・・・w
■ロッド=ヤマガブランクス BlueCurrent 78MⅡ
■リール=ダイワ 14ルビアス2004
■ライン=メーカー不明 0.3号
■リーダー=SUNLINE BLACKSTREAM 1.7号
■ジグヘッド=カルティバ X HEAD2号
■ルアー=DREEMUP グリリン桜マジック1.6inch
LINEで送る
Pocket

「グリリンでヒラスズキ」への14件のフィードバック

    1. >Sさん ちゃいますよ~。別場所です。

  1. つなちゃんすげぃ ( ³ω³ )
    やっぱりヒラスズキ、見れば見るほどカッコいいですね ( ³ω³ )

    1. >鹿さん いつもコメントありがとうございます( ´ ▽ ` )ノ

      スローな釣りでは巻けることが多いですねw

      ヒラスズキ、つりましょう( ´ ▽ ` )ノ

  2. デッドスローリトリーブ、、僕も苦手です。

    シーバスもタイラバもすべて早巻きです(笑)

    1. >かじやん ですよねー!ですよねー!

      どうしてもイライラして早巻きになってしまいます。。

  3. 条件が悪くなっても結果を出すのは素敵です(*´∇`*)

    自分もそろそろ負の連鎖を断ち切りたいです(^_^;)

    1. >ツカピー いつもコメントありがとうございます( ´ ▽ ` )ノ

      悪くなったら悪くなったなりに対応できたのがよかったのでしょうね。

      負の連鎖w 自転車に気持ちが傾いているので釣りの神様が嫉妬しておるのですよw

  4. 荒れたら漁港のヒラスズキ!
    狙いは一緒ですね(笑)
    ぼくもデッドスローの釣り苦手でしたが、今はスローなリーリングばかりですΣ(´Д`)
    いつ変わったのかわかりません…

    つなこさん、さすがですね!!
    ライトゲームでヒラスズキ…
    自分には獲れる気がしないです(;゚д゚)

    1. >ふみやんさん いつもコメントありがとうございます( ´ ▽ ` )ノ

      はい。平日荒れたら漁港ヒラは、ずっと変わらないスタイルです(笑)。
      スローで引けるのはすごい! 尊敬します! 僕はリールがハイギアなのに早巻きなので、全然だめですわ(´;ω;`)

      ライトゲーム、、ふみやんさんなら大丈夫です! 

    1. >つなこ 久しぶりのヒラ、よかったな( ´ ▽ ` )ノ

      スローな釣りは勝てまへん( ´ー`)

  5. こんばんは。

    僕はとりあえずスロー・・・ほいでも知らん間に早巻きになっちゃうし・・・
    つなこさんサスガですね!
    ボウズだとグタ~としながら帰ることになると思うけど、最後に釣れると車内もヤッホッホーー♪ですね。

    1. >ひろーかさん おはようございます( ´ ▽ ` )ノ

      それなんですよ~!とりあえずスローなんですが、アタリもなにもない時間が1分続いたらもう雑になってます。。
      2バラシ後の一匹だったので、ホッとしました(*^_^*)

      帰りに車、相方は乗り込んで2秒で寝てたので静かに帰りました (☍д⁰)

コメントは停止中です。