尺メバル33.3㌢GET!

「メバルを釣りたい!」

という、つなこのリクエストを受け、

先のブログ記事で書いた中紀のメバリングポイントに向かうも、

国道の電光掲示板には「強風注意報、通行に注意」などという警告。

案の定、現場に着いたら爆風で釣りにならず。

15cmほどのアジを2匹だけゲットしてすごすごと引き返しました。

荒れたらメバルはやりにくいのでシーバスに変更。

ナイトヒラスズキのポイントに向かうと、先行者が2人。

「どうですか?」と尋ねたところ、アタリすらないとのことでした。

(※翌日の情報で、その後3匹ほど釣れたらしい)

時間はすでに午後11時ごろ。

どうしようかと考え、落ちアユシーズンの最終盤、

イチかバチかで山鱸ポイントに向かいましたが、ここでもアタリすらなく撃沈。

ちょっと出発も遅く、疲れていたので今回の釣行は近場で済まそうとしていた上に、

風も吹き荒れ、「もう帰ろうかな」とも思ったのですが、こうなったら、半分ヤケ。

南紀に尺メバルとデカアジを求めてミッドナイトロングドライブに向かうことにしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

南紀についた時、すでに日付も変わっていました。

現場近くでつなこがツイッターのTLを見ていると、

エソワン四皇で、元デカメバルワールドレコーダーのなかさんが尺メバルの画像を上げているのを発見。

そういえばなかさん、南紀に行くと言っていたので、

すぐに連絡を取ろうとコンビニの駐車場に車を止めて携帯電話を手にします。

しかし、ツイッターのDMでなかさんに連絡を入れるも、すぐに返信はありません。

「電話掛けてみようか?」

「でも、もう寝てたら悪いからな・・・」

車内で2人、そんな会話をしながら、

「あー、なかさんがナビしてくれたら尺メバルが釣れるのに・・・」と、

ふとフロントガラス越しに外を見ると

なんと、なかさんが歩いているではないですかwww

何という偶然。これは神が引き合わせてくれた以外に考えようがないです。

さっそく声を掛けてみるとなかさんも驚いた様子(当たり前)。

尺ポイントに快く案内してくれるというのです。なかさん、神です。まさに「メバルネ申」です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
四皇、中山光春参上! 出会って早々、厚かましくもいろいろ聞き出す僕

 

ここで、ちょっと脱線しますが、まだまだメバリングなどというジャンルが確立されていない頃。

僕はトラウトロッドを使って、スプリットショットでメバルを追い掛けていました。

かれこれ10年以上、尺メバルという目標を定めて頑張っていますが、

いまだに釣ったことはありません。中紀、紀北ではなかなかお目にかかれないのです。

メバルの聖地、南紀でも行けば釣れると言うわけではなく、やはり幻のターゲットの一つ。

過去も何度も挑戦していますが、泣き尺(尺に少し届かないサイズ)はあるものの

尺越えの夢は果たせず終いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コンビニの駐車場で現場の地図を書いてくれるなかさん。

しかし、「なんならご案内しましょうか?」と言ってくれ、

連れて行ってもらいました!

さらに現場に案内してくれるだけでなく、

軽めのジグヘッドしか持ってなかった僕らのため、

なかさんは現場で必須ともいえるちょっと重めのジグヘッドと、ヒットワームを譲ってくれました。

さらにリーダーも太いのにくくり直してくれました(この時点ではもはや、なかさんに後光が射していました)。

現場ではつなこを一級ポイントに座らせ、

僕はちょっと離れたところでスタート。

そして、ふとつなこの方を見ると、

いきなりロッドが曲がっているではありませんか!

急いで戻ってみると、なんと開始早々28cmの泣き尺をゲット。

人生初メバルが、いきなりの泣き尺です。

 

人生初メバルがいきなりの28cm。ちなみに28cmは僕の個人記録でもあります。。。

 

その後、僕も25cmの良型をゲット。勢いに乗るかと思いきや・・・。

あとはネンブツダイやらスジイシモチやらを爆ってしまいました(泣)。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ぼくも25cmの良型をゲット!
しかし後が続かず(泣)

 

そして、ここからつなこの怒濤のショータイムが始まります。

まずは、数投後になんと30cmをゲット!

 

28cmと30cmのダブル持ち! ちょっとつなこに風が吹いてきたようです

 

僕が追い求めた尺メバルを、人生初のメバリング、しかも2匹目で釣り上げてしまいました(泣)。

そしてその後またすぐ

今度は

 

なんとなんと、驚愕の33.3cmです! いったい目の前で何が起こっているのか!?

 

ちょっと、キツネかタヌキにだまされているような感覚。

僕には何が起こっているのか分かりません。。

なかさんとなかさんのお連れさん、藤井君も度肝を抜かれた様子でしたが、

お二人はガイドに徹してくれて、いろいろとアドバイスをしてくれました。本当に感謝です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人生初のメバリングでいきなり泣き尺、尺、完全尺オーバーという快挙。

なかさんの「つなちゃん、やっぱりなんか持ってるわ」という言葉が印象的でした。

思えば、中紀、山でホゲ散らかして、帰らずに南紀まで向かったこと。

さらにはなかさんに奇跡的に出会えたこと。

全ての偶然が必然のようにかみ合い、手にすることができた栄光です。

出会いに感謝。南紀の壮大な自然に感謝。

 

メバルの聖地、南紀で栄光の「爆」ワッペン!

 

そして悔しいけど、尺メバルおめでとう!

 

なかさんのブログ(F-STYLE)はコチラ

 

TACKLE DATAROD =パームスサーフスターSGP-86LREEL =月下美人MX2004

LINE=ラパラ(PE)0.6号

LEADER=VARIVASライトゲーム・フロロ6lb

JIGHEAD=マリア(ビークヘッド2、1.5g、タフネス#4)

LURE=マリアママワーム2シラウオ2inch(ピンクグロー)、シュリンプ2inch(ソリッドグリーン)

 

 

タックルはなかさんいわく、数値では3kgにも耐えられるもの。

ストロングワールドの南紀ではこれくらい必要ですね!

☆つなは尺メバルをGETした(Lv30)

 

LINEで送る
Pocket

「尺メバル33.3㌢GET!」への8件のフィードバック

  1. お疲れ様でした!
    運命的な尺メバルゲッチュだったんですね。
    話には聞いてましたが、スゴい偶然!
    良い釣りになりましたね。

    1. >青山団長 

      フロントガラス越しに、なかさんが歩いているのが見えた時は目を疑いましたよ(笑)

      神の仕業としか思えません。ほんまいろんな意味で持ってますわ。。

  2. やはり尺メバルは南紀ですか。

    それにしても偶然っプリが半端ないですね(;´д`)

    爆釣りおめでとうございます(*^▽^)/★*☆♪

    1. >そぎさん 

      ありがとうございます^^

      僕は南紀に行ってもホゲることも多くて、尺メバをこんなに簡単に釣るというのは、やっぱり何か持ってるんでしょう。。

      僕は「持ってない」人間なんで裏山ですわぁ。

  3. 話聞いた時には、そんな偶然があってイイのか!って笑いました(笑)
    ひろさんの目が凄く印象に残ってます(≧▽≦)

    でも喜んで貰えてボクも楽しかったです(^^)
    これからなんで、また一緒にウロウロしましょう(*^-^)ノ

    1. >なかさん

      ほんま、奇跡の出会いでした(笑)。あのタイミングで一番会いたい人が偶然目の前を歩いていたんだし^^

      本当にお世話になりっぱなしで、貴重な自分の時間を割いてもらって申し訳ございませんでした。

      厚かましいですが、今後ともよろしくお願いいたします^^

  4. すごーーい。
    尺だらけ。。。
    メバルに6lb!!最初から尺しか見えてないセッティング
    全てがすごすぎますw
    ツナちゃん33cmおめでとう。俺は一生釣れる気しないよ・・・

    1. >スマちゃん

      僕も目の前で何が起こっているのかが分かりませんでした^^;

      ただ、冷静に分析したら、なぜ連発したのかが分かった気もします。

      僕も近いうちにリベンジ行きます! スマちゃんもメバルやりましょう。

      ライトゲーム楽しいですよ^^

コメントは停止中です。