串本ボートフィッシング

尺メバルでホゲた翌日、ウェーダーも乾かぬうちにまたも本州最南端へ。今度は青山団長とボートフィッシング。狙いはマトウダイやらコウイカ。青山さんの新艇「イケメン丸」(実名)に初めて乗せてもらうことになりました! 青山団長の話によると、遅れていたマトウダイがようやく釣れ出して期待が持てるとのこと。さらにイカ爆釣は間違いないとのこと。ワクワクしてきました!

青山さんの車で串本へGO! 餌屋さんで生きアジを10匹買いました。スロープを開放してくれている港に向かい、団長はスロープでイケメン丸をセッティング(僕は車で爆睡してました)。そしていよいよ船出と言う時、ランディングネットを忘れたことに気付きます。マトウダイはハンドランディングすればいいのですが、大型のイカとかはちょっとしんどそう。墨も吐かれますし、どうしようと悩みましたが、どうしようもありません。そのまま出港することに。

kokesurope

ここが数々のアングラーを恐怖のズンドコに陥れたという殺人スロープ。海苔で滑ると分かって踏ん張っても滑ってこけるという、まるで球種が分かっていても打てない往年の藤川球児のストレートのようなスロープです。

今回は石橋をたたいてたたいてたたき割るくらいの慎重さで挑んだため、僕も団長もこけずに済みました。ノリノリで海苔に乗って滑ってもよかったかもと、航海だけに後悔しています。今回いつになくオヤジギャグが冴えます。

dantyouasahi

イケメン丸、朝日を背に出港!

さて、朝イチは飲ませでマトウダイを狙います。しかし、実績ポイントでアジを投入しますが、何回か流してもアタリすらありません。団長のアジが一度だけイカにかじられて終了です。途中、ティップラン専用エギで底を取ってしゃくったり、色々しましたが結局釣果なし。船上は、早くも不穏な空気に。そういえば餌屋のおじさんは「マトウダイは今年はホンマに釣れない」と言っていました。

◇      ◇

しかし大丈夫。こんなこともあろうかと、カワハギ狙いの胴突き仕掛けとオキアミを用意していました。ボウズ逃れです。場所を内湾に移動させ、カワハギを狙います。そこで団長は胴突きと飲ませの仕掛けを投入したままエギングをするという、なんとも欲張りな作戦に出ました。

そして団長、エギング開始直後

「よっしゃ!乗った!」

ロッドがひん曲がってます。

団長 「このイカ、5kgくらいあるんちゃうん??」

確かにロッドの曲がり方はハンパないです。強引に浮かせようとする団長、しかし…。

団長 「ん? え? ロープにかかった??」

途中でまったく動かなくなり、どうやらロープにかかったと思ったよう。しかし次の瞬間、またググー、グーっとロッドが締め込まれます。

団長 「まだ付いてますわ! えげつなくでかいですよ。ダイオウイカっすね」

ビッグファイトは続きます。途中でまた動かなくなったので「大ダコかな」とも言ってました。でも、二人とも口には出しませんでしたが、うっすらと正体は分かってきていました。

10分ほどやりとりしたでしょうか。大型の獲物もようやく観念し、浮いてきました。茶色い大きな子供用の布団くらいありそうな物体が目に入ってきました。そう、見まごうことなきエイですね…。そしてあと一息というところまで浮かせましたが、最後の最後にロープに巻かれてラインブレイク。

団長 「ハァハァ。でっかい座布団ビラメでしたね…」

僕 「!!!?   茶色だったし、もうクエでもええんちゃうん…」

団長 「じゃあ、間をとってオヒョウってことで…」

僕 「……」

協議の結果、バラした大きな獲物はオヒョウ(推測)となりました。団長と釣りに行ったらいつもこんな感じです。ちなみに、いまだかつて二人で爆釣したことはありません。

◇      ◇

気を取り直してカワハギ釣りに専念です。しかし釣れるのは数種類のベラ、お約束のノーザンピロー(キタマクラ)、スジイシモチの仲間などなど。

僕は一度だけカワハギらしきものを掛けましたがバラして終了。しかし仕掛けを投入するたびにアタリもなく餌がなくなるのでカワハギか、小型のフグは群れているようでした。

そんな中、団長が小アジ(青アジ)をゲット。「これで僕が1ポイントリードですよね!」と得意気です。カワハギ釣りで小アジを釣って何がリードなのかは分かりませんが、とりあえずブクブクのバケツにキープ。生きアジを補充した感じです。

そしてすぐさま、僕も小アジをキャッチ。今釣行で初めてのキープできる魚です。「最悪、これを持ち帰って塩焼きにでも」、、、と思ってバケツに入れた瞬間、団長が思いもよらない行動に出ました。

なんと僕が釣ったアジをそのまま捕まえ、飲ませ仕掛けの針に刺して投げ込みました!

僕 「ちょw  今のん僕のアジやん!」

団長 「いいじゃないですか。どうせ青アジだし」

理解不能な答えに戸惑う僕。まだ買ったアジはたくさん残っている上に、団長が自分で釣ったアジもあります。だのに僕のアジを選んで使うという奇行に開いた口がふさがりません。しかも僕のアジ、団長が仕掛けをキャストした時に針から外れてぶっ飛んでいきました。

…というわけで、ボウズ逃れだったはずのカワハギ釣りも撃沈です。

◇      ◇

僕 「なんかもう、水深の浅いところで胴突き仕掛け落とそうよ」

団長 「そうしますか…」

やや意気消沈気味の二人。浅場でオキアミを落としたらなんだかんだと釣れそうです。串本だけにカラフルな何かが釣れればいいかな~と思って開始早々、団長がオセン(スズメダイ)をゲット。そして怒濤の小物ラッシュ。

トラギス?

カモハラトラギス?

コウライトラギス?

ヨスジフエダイ?

よく分からない魚が連発です! とくにカモハラトラギス(?)を釣った時には「新種発見や!」「串本海中公園に持って行きましょうよ! これは珍しい魚ですよ。ぜひ展示させてくださいってことになって、一躍有名人になれますよ」などと大はしゃぎ。

後でネットで調べたところ、なんてない魚ばかりでした。そんなバカな話で盛り上がりましたが、団長が根掛かりで仕掛けを切ったところでストップフィッシング。風も出てきましたし、何と言っても「イケメン丸」はエンジンではなくエレキでの移動ですので。

しかし、これがナイス好判断でありまして、港に着く直前にはボートの前に乗っていた僕は波しぶきでスブ濡れになるくらい荒れてきました。あと15分、帰るのが遅かったらやばかったのでは??

◇      ◇

イケメン丸を片付けて、串本にある台湾料理の店で遅めの昼ご飯。満腹になって帰路につきました。途中、気になる漁港などをチェックしながらドライブしたのですが、立ち寄ったとある港で団長が何かを発見したようです。

団長 「ひろさん、ホラ貝がありますよ!」

駆け寄ってみると確かにホラ貝です。落ちていた棒でつつくと、どうやら貝殻だけではなくて中身もあり、生きているようです。串本でボートまで浮かべてお土産なしという不甲斐ない二人。このままでは済まないと思ったのでしょう。団長はバイブレーションでホラ貝を引っ掛けることにしました。うまい具合に張り付かれずにひっくり返ったのでホラ貝の穴の部分にルアーのフックを引っ掛けて…。

無事ゲットです! 青山持ち2014バージョン(?)はホラ貝で初お披露目。ってか、ホラ貝って食えるのでしょうか? その場でスマホで調べたところ、どうやらおいしく食べられるらしいのですが、

「内臓にテトロドトキシンあり」という追記が!!

これまでも中毒例はあるようで、せっかくゲットしたもののテンション下がりまくりの団長。でも一応キープはしました。

ちなみに標準和名はボウシュウボラ(防臭ボラではない)というらしく、厚生労働省のページでも注意喚起されていました→コチラ

最後の最後で思わぬ大物をゲットした団長。ツイッターでもこんなことをほざいていました。

dantyoutui

そして青山家に帰宅。一応団長はホラ貝を湯がいてみたようでしたが、その見た目のグロさに絶句!

確かにこれはヤバイくらい気持ち悪いです。「ひ、ひろさん、食べます?」と聞かれましたがノーサンキュー。そそくさと青山家を後にしました。果たして団長、これを食したのでしょうか…。その後のことが気になります。

◇      ◇

しかし、近年まれに見る貧果に終わった串本ボート釣行。団長、出港する前には、「マトウが釣れ出しましたよ」 「イカは爆釣でクーラーいっぱいですよ」 「ランディングネット忘れたのは致命的」などと大口をたたいておりましたが、何てことはない、最後の最後に大きなホラ貝を拾っただけ。

青山団長。この男、大ホラ吹きですね。

 

「串本ボートフィッシング」への26件のフィードバック

    1. >いかじさん コメントありがとうございます(^_^)

      おっしゃる通り、ただ者ではないですよ(ヽ´ω`)グッタリ 特に僕と一緒に行った時は、いつもほんまにひどいもんです。。

  1. 多分…いや、確実に団長の「情けないパワー」が発揮されていますねw

    オチにまさかのほら貝ww
    ( ´ω`)・;’.、ブッ

    1. >ぐれむさん コメントありがとうございます(^_^)

      ほんま、おっしゃる通り情けない(ヽ´ω`) でもめちゃくちゃ楽しかったのも事実です(;´д`*)ハァハァ

  2. ニヤニヤ笑いながら読ませていただきました(´_ゝ`)♪

    1. >鹿さん コメントありがとうございます(^_^)

      団長と鹿さんが行った時は、結構イカがよかったみたいですね! 今回はイカすら釣れず、それはそれは近年まれに見るド貧果でした(´;ω;`)ブワッ

  3. ちょ、ちょっと!
    暴君みたいになってますやん!

    二人たのしく何事もなく、ささやかに小物釣りに精をだしただけやったのに(´;ω;`)

    初ホラ貝GETでテンションぶちあげでしたわ!

    1. >青山団長 おつかれさまでした(^_^)!

      いやー、暴君もなにも多少は脚色してますが、99.9%は史実に基づいて書いてますやん( ´ ▽ ` )ノ
      何事もなくww  たしかに何事もなかったかもしれないww
      ホラ貝は、最後の最後にいいネタを拾った感じでしたね!
      ありがとうございました。また、リベンジ連れて行ってください( ´ ▽ ` )ノ

  4. 「釣り」とは、本来こういうものなんでしょうね~。
    とっても楽しそう(*^_^*)

    1. >Sさん いつもコメントありがとうございます(^_^)

      そ、そうなのか!? 釣りとはこういうものなのかw
      まぁでも楽しい時間だったのは間違いないですね( ´ ▽ ` )ノ

  5. ニヤニヤしながら読みましたよ(* ̄ー ̄)

    さすが団長、ネタの宝庫ですね(´゚ω゚):;*.’:;ブッ

    1. >たくさん いつもコメントありがとうございます(^_^)

      そうなんすよ。ネタの宝庫。堺のあの怖い人に匹敵ですわ(´;ω;`)ブワッ

  6. クスクスと笑いながら読みましたw
    やっぱりお二人は名コンビですね(^-^)

    1. >こじむちさん コメントありがとうございます(*^_^*)

      名コンビですかww ありがとうございます??
      団長と釣りに行くとめちゃくちゃ楽しいのですが、雨が降ったり釣果が伴わなかったりと、マイナス要因も伴うのが難点ですねw

  7. この釣行のオチは何かな?って、思いながら。。
    一気に最後まで読んじゃいました。。ホラ貝でしたか。。
    ほんわりあたたかくいい記事です~(^。^)y-.。o○

    1. >Nさん いつもコメントありがとうございます(*^_^*)

      そうなんですよ、最後の最後でいい「ネタ」を拾ってくれましたw
      団長と釣りに行くと楽しい記事が書けるのですが、釣果が伴わないので釣り人としては涙目です(´;ω;`)

    1. >そぎまるさん いつもコメントありがとうございます(*^_^*)

      そうなんすよ。だいたい「イケメン丸」と名付けてるところからしてすでに、大ホラ吹きですし。。
      そぎちゃん、ぜひ「イケメソ丸」でぼくの仇を討ってきてください(´;ω;`)ブワッ

  8. 楽しそうな釣行ですね。
    是非、僕もご一緒したかったです。

    中紀のミニボートのナブラ打ち、行きましょう~。
    イケメンなので、ナブラの方から寄って来るよ。。きっと。。

    1. >かじやんさん いつもコメントありがとうございます(*^_^*)

      楽しいのは楽しかったです。超絶貧果でしたが(´;ω;`)ブワッ
      この全く釣れない苦行に「ご一緒したかった」とは、かじやんさん、かなり変態ですねww
      中紀のナブラ打ち(;´д`*)ハァハァ ぜひお願いします。
      仰せの通りイケメンなので、メスを呼び寄せますww

  9. ホラ貝の身、はじめて見ましたがやばいですねww臭そうww
    団長さんのその後が気になります笑

    1. >ポンさん いつもコメントありがとうございます( ´ ▽ ` )ノ

      ホラ貝、ほんまにグロかったです(;´д`*)ハァハァ 臭いは、サザエと同じ感じでしたが、見た目が。。。。。。
      団長、とりあえず冷凍してるようですw

  10. グロイにもほどがありますwww

    無理無理((+_+))

    死んでたらめっちゃクサイし団長もよくこんなん拾いますね^^;

    しかし、串本はいろんなもんが釣れますねー

    今年も一回ぐらいは串本に行きたいと思ってます^^

    1. >スマーフさん いつもコメントありがとうございます(^_^)

      グロイですよね(´;ω;`)ブワッ 実物はもっとグロかったです。この写真はグロさを強調する意味ではミスショットかも(;´д`*)ハァハァ 団長、最悪貝殻だけでもほしかったようです。僕的には最後の最後でオチに使える「ネタ」を拾ってくれたので助かりましたw 串本、スマさんなら釣り以外でも楽しめる要素がたくさんありそうですね( ´ ▽ ` )ノ

  11. こんにちはー。
    なんと厳しい釣りになったようですね。
    ゴムボートでコウイカ釣り上げたら・・・墨ボンバーは
    致命傷になりますよ(^^;
    私もこの墨を減らす方法ないかといつも思っております。

    団長さん、なかなかネタ豊富ですねぇ。
    今年は団長さんブログにも遊びにいこうと思っております。
    その貝殻は値打ちものちゃいますか!?子どもが喜びそうです(^^

    1. >コットンフィールさん いつもコメントありがとうございます(^_^)

      厳しかったです。ほんまに厳しかったですが、団長と釣りに行くと決まった時点で、おおよそ予想通りでもありましたw
      コウイカ、しかもネットなしではやはりボートも自分も真っ黒けになりますよね(;´д`*)ハァハァ 釣れなくて正解だったのかもw どうしたらあんなに墨を吐けるんでしょうね?? 台所でも感心しますよね。。。

      団長はネタのデパート、総合商社です。あ、ぜひブログに訪れてあげて下さい。喜びますw ホラ貝、貝殻は玄関に飾るようです(´・_・`)

コメントは停止中です。