ことしも1年ありがとう

先日の情けない軍団集結が釣り納めになったようです。

あと一回くらいいけるかな? と思っていましたが。

さて、当ブログは10月にスタートしました。それ以前の記事については、

実は「爆!釣り部」という別のサイトでの掲載だったのですが、訳あって引っ越したのです。

ことし1年もさまざまな出会い、そしてさまざまな釣果に恵まれました。

少しベスト5方式で振り返ってみたいと思います。

まずは

5位【原点への回帰】

serute2

春が過ぎ、ダイワの高級リール、セルテート2508RHを買いました。

ただ、ほしかったというだけではなく、これには訳がありました。

これまで友人に恵まれ、やり残していたことがたくさんあることに気付いたのです。

ボートを所有している友人に乗せていただく機会も多く、オフショアの釣りも満喫できました。

さらに、ショアからでも自分で釣ったと言うより、釣らせてもらった釣果が多かったのです。

このセルテートは、そうした甘えへの決別でした。もっともっと自分で開拓することの意義。

そして、知り得た貴重な情報を無駄にしないよう、即座に動きたいという思い。

もう一度、ショアからの釣りを見つめ直したいという決意の表れでもありました。

ちなみに、このセルテートで後日、なかなかの釣果を上げていくことになるのですが、

ファーストフィッシュは、なんと手のひらサイズのカレイでした。

続いて

4位【シイラ大挙!】

201106300520000

ことしは、紀伊水道にシイラが大挙して入ってきました。ここ数年でこれほどの数は記憶にありません。

オフショアや沖磯、沖堤はもちろん、地磯や浜、漁港からも狙える所まで接岸。

しかも、阪神方面の沖堤でも釣果が出ました。

県内では由良町の衣奈漁港で連日のように釣れ、和歌山市の雑賀崎漁港でも港内まで入ってきました。

シイラの聖地、小浦崎沖一文字では、「シイラ童貞」を捨てた人も数多くいました。

さて、いよいよベスト3の発表です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

第3位は、

シーバス90cmオーバー2連発です。

11月の落ち鮎パターン、かなり上流域での話です。

これまで10年以上シーバスフィッシングを続け、90cmオーバーはわずか5匹だけ。

それが2回の釣行で連発です。そしてそのコンディションは

95cm(6.5kg)そして自己ベストタイの96cm(7.1kg)と堂々の体躯。

リバー、しかも瀬の中でのこのサイズとの死闘はアドレナリンが出まくりでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

続いて第2位

sakumebahead

つなちゃんの尺メバルです。

本来なら、90cmオーバーのシーバス連発が2位と言いたいのですが、

この尺メバルとの出会いは、偶然が重なったとは思えないほど神懸かっていました。

釣果はもちろん、尺にたどり着くプロセスがかなり印象深い釣りとなりました。

初のメバリングで28.5cm、30cm、33.3cmと3連発をかました爆部員のつなちゃん。

ま、この娘、いろいろ「持ってる」んですわ。

たまに僕もびっくりするほどの釣果を出しますし、順調にレベルアップしています。

末恐ろしいです。

ちなみに僕も後日、単独釣行で尺リベンジを果たしています。これも実は10年来の夢の実現でした。

そして栄えある第1位は

bakueso1head

これ以外ないです。

エソアングラー世界一決定戦。

エソワンGPの開催です。

esowanshuugou

詳細は公式ブログにて掲載していますが、参加者の多大な協力を得て、最高の大会を開くことができました。

思えば、第5位の原点回帰という気持ちも、この大会を開く大きな原動力にもなり、

大会で出会えた方々との友情は今も固いものとなっています。

尺メバル、90cmのシーバスも、この大会がなければ手にすることができませんでした。

そして、情けない軍団の結成、夏場のタコ釣り集会、大阪湾釣行、マテ会など、

すべてはこの大会がきっかけとなっています。

ちなみに参加者に配布したエソワン新聞をJPG画像で貼っておきます。

esosinbun1 esosinbun2

1面

2面

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ことしも多くの出会いに感謝。そして豊かな自然に感謝。

来年も多くの出会いに恵まれますように。

爆部

LINEで送る
Pocket

「ことしも1年ありがとう」への2件のフィードバック

  1. 今年一年は、大変お世話になりました!
    エソワンGPが僕にとっても今年最大の出来事です。
    素晴らしい仲間との出会いは、かけがえのない未来への希望です。
    来年も情けなく、楽しんでいきますんで、お付き合いくださいませ\(^O^)/

    1. >青山団長
       
      エソワンGPは、青山団長がいないと開催が無理だったでしょう。

      みんなのバックアップを得て、事務作業を二人三脚で進めてきたことは、よき思い出です。

      さて。そろそろ第2回、準備に取り掛かりますか!

      まずは宴会など(笑)

コメントは停止中です。